衣サイクル研究会スタッフブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 新居浜での衣類回収の課題

<<   作成日時 : 2009/07/14 15:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1



今日は、新居浜に行きました。

3月末で、集団回収での衣類の資源回収が、

市の委託事業社4社の協力で実現することとなり、

また、これまで毎月29日に実施していた

「衣類の試験回収」の拠点となっていた「とらおファクトリー」が、

元旦以外、10:00から20:00までの間、

常時、衣類の持ち込みに対応することになったため、

月1回実施していた「衣類の試験回収」は松山に場所を代えました。

しかし、自治体では、「可燃ごみ」のため、

「衣類は資源」であることが、集団回収を実施している団体に浸透しておらず、

回収されていなかったり、

ウエスの材料になる綿などの吸水性のある素材のもののみ、回収され、

その他の衣類は、燃やされていたりと、

せっかくの「しくみ」が活かされていません。

そこで今日は、その問題を解決すべく、

市役所や協働オフィスに相談しました。

ちょうど、協働先の(有)田代商店が、

衣類のリサイクル啓発のビデオを制作中で、

その活用についても相談しました。

結果、いくつかのハードルはあるものの、ヒントは得られたので、

まずは、地元の協力を得ることをしつつ、市への「協働提案」をすることにしました。

また、「試験回収」についても、啓発の意味で9月より再開の予定です。

自治体での回収を実現するためには、市民にニーズがあることを訴えなければなりません。

そのための目安は、数量です。個々の市民が「必要」だと声をあげ、

集団回収での衣類の回収量が飛躍的に増えれば、

自治体回収は、必ず実現します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
とんとん、とうまい具体に、と思ってたのですが・・・んふふ、新居浜にもKクローンが必要
金魚の○○
2009/07/15 22:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
新居浜での衣類回収の課題 衣サイクル研究会スタッフブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる